ビューティガレージ BEAUTY GARAGE RECRUITMENT SITE 2018

お問い合わせ
メニュー

ビューティガレージの仕事

事例紹介: IT事業

モバイルショッピングアプリの開発

モバイルショッピングアプリの開発

マーケティング室 岡崎 竜
もともとは、IT・システムグループWEB戦略チームに所属。今昔変わらず、ビューティガレージのITを進化させるうえで、ほぼすべてのITプロジェクトにかかわっている。
モバイルアプリを開発したきっかけはなんだったのでしょう?
  • モバイルアプリを開発したきっかけはなんだったのでしょう?

ヘアサロンを中心にディーラーとの直接取引が主流の美容業界は、比較的IT化が遅れていた業界でした。しかし、スマートフォンの普及により、一気に美容師やエステティシャンなど美容サロンで働く人達、個人個人のIT化が急激に進んでいました。当社においては、業種によって異なるものの、現在ではおしなべて新規会員登録数やページ閲覧数はPCよりもスマートフォンの方が上回っている状況ですし、売り上げも逆転する日は近いでしょう。アプリの開発を始めたのは、そういった機運が見え始め、この「モバイルシフト」こそが、将来的に会社の成長の鍵を握ることをメンバー誰もが確信した頃です。

アプリを設計するにあたって、考慮したことはどんなことなのでしょうか?
開発にあたり、苦労した点は?
アプリ経由の売上は順調に伸びているようですが、今後ビューティガレージは美容業界にどのようにITの力を取り入れていけるのでしょう?

メーカー事業

“売れる”商品開発を目指し、誕生したスタイリングチェアの開発についてをご紹介します。

IT事業

日々進化するIT事業を代表してモバイルアプリの開発についてをご紹介します。

専門商社事業

商社事業の中核をなす、商材仕入れ・販売の一例として、理美容関連についてご紹介します。

ワンストップソリューション

ワンストップソリューションの事例として「サロンまるごとサポート」についてご紹介します。